2012年09月17日

WH-6700 タイヤ交換

先日の通勤でタイヤにひびが入っているのを発見したので帰宅後によく確認してみると前後とも大小かなり多くのひびが入っていることがわかりました。

そこでなんとなく換えたいと思っていたタイヤ交換を実行に移します。

ブリジストンのビコローレやディスタンザ、シュワルベのデュラノ、ミシュランのリチオン2と候補に挙げ選んだのはリチオン2です。デュラノは評判があまり思わしくなく、ブリジストン2種より安かったのと定評があるのとでリチオン2にしました。チューブは軽量タイプのパナソニックR-AIR 18-23Cです。

古いタイヤを外す時点で結構固く、すでに長期戦を予感させるスタートでした。外した後のリム内部です。

LITHION2_4.jpg

後からわかったことですが、中央部分の窪みがタイヤ交換の重要な鍵となります。

最初はそうとは知らず通常の手順でタイヤとチューブをはめていきますが最後の300mmほどがどうにも固くて入らず探りを入れてみると、先ほどの窪みにビードを落としながらはめていくと割と簡単に入るようです。くぼんだ分円周方向に余裕ができて入りやすくなるとのことでしたがかなり苦戦しました。

前輪から始めて1時間、後輪は最後にタイヤがチューブを噛んでしまい修正に手間取ったものの30分でできました。コツを掴むにはもっとやらないとダメですがなるべくやりたくないですね(^^;

LITHION2_5.jpg

LITHION2_6.jpg

LITHION2_7.jpg

明日から雨の予報なので少し試走してみました。

気付いた点は

乗り心地がよくなった。
走り出しが軽くなった。
漕いでいないときもよく転がる。
コーナーリング時のグリップ感が良い。

タイヤもチューブも定評のあるものなのでちょっと乗ったぐらいでは欠点は見つかりません。タイヤはともかくチューブは長期使用向きではないとの注意書きがあるのでちょっと心配ですが超軽量チューブではないのでなんとかなるでしょう。
posted by ぽん at 23:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。