2010年12月19日

ブレーキ換装

今日とあるショップに行ってブレーキについて話を聞いてきました。

新型105はフラットバー用レバーでは効きが強くなりすぎて対応していないとのことでTIAGRA BR-4500にしました。レバーはBL-R550ブラックです。

まず見た目の変化ですが、ハンドル周りがブラックで統一されて精悍になりました。ブレーキ本体は薄く青みがかったシルバーになり高級感も上がっています。写真はノーマルレバーとの比較です。並べてみるとノーマルがなんとなくレバーの形をしてるような印象でした。

レバー比較

こちらは前後のブレーキ本体です。実際は写真よりも少し青みが強いです。

TIAGRA フロントブレーキ

TIAGRA リアブレーキ

さてその効果ですが、効きはもちろんレバーを握った感触やコントロール性がかなり改善されましたグッド(上向き矢印)
今までのような不安感は一切なく、きっちりロックできるほど強力な制動力とロックに至るまでの確かなコントロール性はノーマルとは比べ物になりません。105の方が効きはいいとの話でしたがTIAGRAでも十分な制動力があると感じました。レースにでも出ない限りこれ以上は必要ないんではないかと思います。
posted by ぽん at 22:37| Comment(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。