2015年12月19日

ハンドル周り改修

ご無沙汰しております。

息子が歩くようになってますます目が離せなくなってきました。

この1ヶ月程でハンドル周りを変えました。

まずはEASTON EA70ステムの100mmを入れて前傾姿勢を強くしたものの、長過ぎてちょっとキツいのでノーマルに戻しました。適度に姿勢が起きて楽になったんですが、外したステムを見てビックリ、100mmだと思っていたのが110mmでした。ヤフオクで買った時は確かに100mmだった気がしますが後の祭りです。

handle cut_7.jpg

しばらくしてハンドル幅を狭くする方法はないかと考えていたところ、使っていないグリップ内側を切ってしまえ、という結論に達し、早速切断しました。これに合わせ、ハンドルバーを目一杯短くすると片側29mm短くなりました。

handle cut_6.jpg

handle cut_5.jpg

幅はかなり狭くなり、520mmとなりました。

ところがシフトレバーとグリップとの距離が短くなりすぎて手が当たってしまい、かえって握りにくくなってしまいました。自転車通勤時の実情として常にブレーキレバーに指を掛けているので大きな問題にはなりませんが、やはりしっかりグリップを握れないのはあまりよくないです。

handle cut_4.jpg

また、今後のメンテナンスのためにカセットスプロケット用ツールとチェーン切りを揃えました。いずれも見てくれと安心感からシマノプロ製です。合わせてワコーズのチェーンオイルとクリーナーも買いました。

handle cut_1.jpg
posted by ぽん at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。