2017年02月24日

グリップ交換

ご無沙汰しております。
そして明けましておめでとうございます。

この数カ月で激変しました我がOCR-F。
順を追ってアップしていきます。

まずは前回の記事でシフター一体ブレーキレバーに交換してグリップ幅に余裕ができました。そこでおなじみERGONのGS3をオーダーしました。今まではコンフォート系のGPグループでしたが、今回はより薄くて軽量なGSグループのバーエンド付きモデルです。GPはややもっさりした感じでしたがGSはキリッと引き締まった感じです。

外したGR3と新たに投入したGS3。GPと比べると全体的に薄くなりますが、サイズダウンしてSサイズにしたのでさらに小さく見えます。

ERGON GS3

計ったかのようにジャストフィットしました。EASTONハンドルバーを無駄にせずにすみました。あと数mm寄せることも可能ですが無理にギリギリまで詰める必要はなく、ハンドル幅はちょうどいいのでこのままにします。

GS3

重量比較は行なっていませんが、大幅な軽量化になるとも思えないので特に必要ないかと思います。

手にくる衝撃は増えた気がしますが、あまり長い距離乗らないので問題ありません。小さめサイズなのでしっかり握れます。バーエンドもギリギリしっかり握れる長さがあるので実用性は十分です。これでようやくグリップ問題が解消されました。

posted by ぽん at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月29日

ブレーキ、シフトレバー交換

ご無沙汰しております。

だいぶ前にグリップカットしてキツキツになってしまったハンドル周りですが、クラリスの2×8シフターブレーキ一体型に変えることにしました。クランプ部を一つにすれば隙間ができるのではないかという魂胆です。

交換に当たってワイヤー類も全て交換しようと思い、ワイヤーカッターも同時に注文しています。ペンチでやる方もいますが、餅は餅屋、今後のことも見据えると専用工具は必須です。おかげでインナーもアウターもバッチンバッチン気持ちよく切れます。

下の写真が交換前。シフターは純正のまま、レバーはシマノBL-R550です。ハンドル幅を狭くしようとグリップ内側を切った結果、詰めすぎてグリップしづらくなっています。

no-title

付いているものをどんどん取って新しいレバーを取り付け、これまた新しいワイヤーを通してワイヤールートを見直しつつ仮組みしてアウターの長さを決めていきます。幸いなことに前後ブレーキ、ディレーラー共にちょっと調整するだけで正常に作動しました。リアディレーラーに至っては手で張って留めただけでバッチリ作動しました。

IMG_9892.jpg

シフトインジケーターの隙間がだいぶ広がったので、これもセンター寄りにできた要因です。ハンドル周りのワイヤールートがかなり窮屈ですが作動に問題はありません。

IMG_9897.jpg

ところでこのシフター一体ブレーキレバーですが、現在使っているBR-4500ブレーキには対応していません。なのでとりあえずグリップ部分に余裕ができることを確認した上で次の手を打ちたかったので自力交換を決意した次第です。結果ハンドルバーはこのままでいけそうな感触です。肝心のブレーキ制動力ですが、ノーマルのテクトロブレーキよりちょっと効く程度でしょうか。

となれば次はもうあれを変えるしか(笑)
posted by ぽん at 16:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月04日

OCR-F プチアップグレード

新年あけましておめでとうございます。

今年もちょっとずつ更新していくつもりですのでよろしくお願いします。

さて、去年年末の事になりますが

BBとカセットスプロケット、チェーンの交換を行いました。

元々は8Sのクラリスのクランクに換えるつもりでしたが

どうにも店員が回避させようとするのでBBのみ換える事にしました。

当初はトーケンなどで良い物にするはずでしたが、予算と使い方の都合で

シマノのUN-BB26になりました。

2015.12.27 ocr-f_1.jpg

チェーンは8SなのでCN-HG70-8、スプロケットはCS-HG50-8の13-23です。

スプロケットの歯数構成変更ですが、ノーマルの12−25で普段ほとんど使わない

12と25を捨てて、間をクロスレシオ化するのが狙いです。

また、9S以上の多段化も考えましたが、8Sで十分なのと

相当な費用アップになるので断念しました。

2015.12.27 ocr-f_2.jpg

チェーンとBBの交換で回転がずいぶん滑らかになりました。

スプロケットの歯数構成変更もかなり効果的で、ペダリングしやすくなりました。



それとは別に、EASTON EA70ステムを中古で入手、交換しました。

ノーマルが80mmだと思い込んでいて、以前に変えたEASTONステム110mmが30mm長いと

長過ぎだと考え、10mm長くしようと90mmにしたらノーマルも90mmでした。

角度がノーマル7度に対してEASTONは6度なのでほんのちょっとだけ、

計算上の数字にして1.5mmほどアップライド方向に変わります。

下の写真、上から

EASTON EA70 110mm

EASTON EA70 90mm

GIANT純正 90mmです。

2015.12.27 ocr-f_4.jpg

2015.12.27 ocr-f_3.jpg

重量はノーマルとほぼ同じなので、見た目の統一が目的となりました。
posted by ぽん at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。